「看護師の年収について」〜看護師の求人と資格の基礎知識



「看護師の求人と資格の基礎知識」へようこそ! このサイトでは、医療の重要な担い手である「看護師」にスポットあてて、看護師に関する基礎的な知識を付けて頂くための情報や看護師の求人を例示して、看護師への理解を深めて頂くために運営しています。

職種としては人の命を預かる大切なお仕事としていつの時代も求められ続ける看護師ですが、その年収はどの位なのかという事をご紹介します。看護師の年収の平均としては500万円位と統計上では言われています。

あくまでも様々な勤務年数や勤務業態の平均ではありますが、年収があまり良い仕事が少ない中では看護師の収入はとても高いですし、増してや女性が中心の看護師の仕事は女性の職種別に見た収入としてはとても高い方です。

仕事内容は収入の分、様々な患者様がやってきますので、その対応で精神的にも大変ですし、肉体的にも立ちっぱなしの仕事が主な為、辛い部分があります。また、働く病院によっては勤務時間帯が不規則で、自身の体調管理も重要になってくるといった面もあります。

しかし、患者様に一生懸命接する中でお礼の言葉をかけられたり、その患者様の体調が快方に向かう事というものが仕事のモチベーションにも繋がるので、人が好きで、少々の事ではへこたれないといったガッツのある方にはとても適したお仕事です。実際に、私の周囲にも看護師が数名いますが、皆精神的にとてもタフな方ばかりです。

しかし、やりがいを持って仕事を楽しんでおり、合っている方にとっては年収も良いですし、天職のお仕事です。これから高齢化社会が進むにつれ、どんどん看護師の需要は高まって行く事が目に見えて予想されていますし、現状でも看護師不足で勤務形態を緩和させて、派遣やアルバイトといった出られる時だけでもヘルプが必要という病院が沢山ありますし、専門の求人サイトが複数社から出てきている程必要とされている人材なのです。

今、これから将来の事を考えている学生さんや、資格を持っているけれど、結婚などで一旦退職していらっしゃる方、是非、今もこれからもずっと必要とし続けられる安泰した看護師の仕事を選択して患者様や病院の為、また、自分の為にもその道を歩んでみられる事を是非お勧めします。

「看護師の求人と資格の基礎知識」の記事一覧



看護師(かんごし)とは?


看護師は現代医療の中で幅広い範囲の業務を受けもっている、大変重要な存在です。日本では看護師の法的位置づけを「厚生労働省の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦(褥婦(じょくふ)/出産後の女性)に対する療養上の世話、又は診療の補助を行うことを業とする者」(保健師助産師看護師法第5条より)と定めています。

また、保健師助産師看護師法の31条で「看護業務の独占」が規定され、看護師・保健師・助産師以外の者が看護行為を行うことを禁止していたり、同法42条では「守秘義務」が厳格に定められている。
看護師の教育・養成は、学生の約40%が4年制の看護大学・看護学部出身者であり、今後も増える傾向にある。看護師の国家試験は毎年3月末に行われるが、平成24年の結果は以下の通りです。

看護師になるには?(看護系大学)


看護系大学への進学について

看護師になるには複数の方法がありますが、最近の傾向として増えてきているのが、看護師になるための「看護系大学」への進学です。少子化により大学進学率が向上していることも原因の一つであると思いますが、保健師を目指す学生を増えてきていることも大きな要因であると考えます。大学に入学して所定の単位を取得することにより、看護師国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

進学の基本的ながれは、以下の通りです。

■高校を卒業 ➡看護系大学へ進学➡(4年間)➡卒業資格の取得➡看護師国家試験の受験➡(合格)➡看護師登録

看護師国家試験の合格確率は今や9割を超えると言われていますが、試験内容は多岐にわたり大変難しいものです。各大学は
国家試験合格レベルに達してないと思われる学生の卒業資格の付与は基本的にしないので、合格率が高いのはそのためだと思われます。

看護師の就職について



看護師の就職について少し考えてみたいと思います。

この世の中今の仕事に生きがいを感じなく仕事をやめてしまいたくなり転職をしようと決意したりする人もいると思いますがその中で看護師などに転職をしようとする人もいらっしゃると思います。

今は求人情報などは求人誌などの他にインターネットのWEBサイトなどにも掲載されておりそれ専用の求人サイトなどもあり看護師を目指す人の為のサイトもあり転職したい人には、とても便利なサイトなどもあります。

しかし看護師の自分が適している求人が見つかったとしてもそうそう簡単に受かるものではないというのが現実です。

自分が働いてみたいと思った医療機関などに応募したりしても書類審査などで受からないという人も数多くいらっしゃいます。

そういったことから自分で調べていてもまだ知らないことやわからないことなども我流では、いっぱいあったりもしますのでそういった時にもこういったサイトはとても役立ちますので参考にしてみるというのもいいでしょう。

看護師の転職情報を調べる方法は?


急速に高齢化社会が進む今、国内において看護師の需要は年々増加しています。そうした中で、より自分が希望する環境や条件を満たしてくれる病院へ転職する看護師も増加して来ると考えられます。

看護師の転職情報を得る方法をいくつか紹介します。

看護師として転職を希望する際、転職先である病院を探すために利用することができるのは、大きく見て、ハローワーク、求人雑誌、求人サイトの3つを挙げることができると思います。どれを利用すれば、自分にもっとも適した職場を選択することができるのか、それぞれの特徴をよく把握し、理解した上で利用すれば、より良い職場選びにつながることと考えられます。あなたの未来は明るいです。次にその方法を説明します。

看護師の年収・給料データ


看護師は、なりたい職業の中でも常に上位にランクインする職業です。最近は、男性の看護師も増えています。整形外科や泌尿器科、精神科、リハビリ科など、体力が必要とされたり、男性の患者が多いところは、男性の看護師が重宝されています。

実際、看護師という職業は、体力が必要とされます。また勤務形態は、シフト制であることがほとんどなので、夜間勤務や休日勤務も普通にあり、生活が不規則になりがちです。

それでも、医療に携わるということは、やり甲斐を感じることができるので、結婚してからも続けていく人がほとんどです。そして、フルで勤務をすれば、一人で家族の生計を立てることも十分に可能なことも魅力的です

看護師の求人について


看護師の求人について知りたい方はいらっしゃいませんか。現在看護師の求人は急速に増加して来ています。それは高齢者の方が増えて来ているからなのです。高齢化社会と成っている今、その高齢者を看護出来る人材が必要とされて来ています。

看護師は沢山の所から求人が掛けられておりますので、仕事が探し易くなっています。看護師の仕事は主に、病院で働くので病気等の知識を身に付けて置かなければ成りませんので、専門の勉強を行う事が必要不可欠と成ります。

専門の知識は学校等で習う事が出来ますので、この仕事に就きたいとお考えの方は、専門学校へ行く事を先ずはお勧め致します。専門学校でも求人を取り扱っていますので、確りと知識を身に付けた後は、学校で求人を探す事も可能なのです。その他にも求人紙には、沢山の情報もありますので、色々な所から情報を集める事が出来ます。高齢者の方や病気を患っている人々を助けたいとお考えの方は是非、お勧め致します

納得のいく看護師の転職にしよう


看護師というのは数ある職業の中でも数少ない売り手市場の職業となっています。その為、色々な施設から募集が出されていますので、転職を行う方にとっては有利な状況と言えます。

しかし、適当な選び方をしてしまうとギャップによって苦しめられてしまう事がありますし、短期で退職するという事を繰り返してしまうと自分にとってマイナスになってしまいます。納得のいく看護師の転職する為にもしっかりと自身の希望を整理してから活動に臨む事が大切です。整理しておきたいポイントは色々ありますが、まずはどんな施設で働きたいのかという点を考えてみましょう。

世の中には大きな総合病院もあれば、個人の小さな病院もあります。あるいは老人ホームで働くという選択肢もあります。






Topics-看護師の求人厳選3社-

2014-01-25 17:11